性格の不一致を理由に慰謝料請求できる?

夫婦の離婚原因の中でも多いと言えるのが、「性格の不一致」による離婚です。

性格の不一致を理由に慰謝料請求はできる?

性格の不一致は法定離婚原因には該当していないため、離婚をするのであれば、原則として夫婦間の話し合いによる協議離婚でなければなりません。

とはいえ、たとえ性格の不一致が離婚原因であったとしても、婚姻を継続し難い重大な事由があるとして、裁判離婚をすることも一応は可能となっています(詳しくは「性格の不一致を理由に離婚はできる?」)。

では、離婚ではなく、慰謝料請求の場合はどうでしょう?

今回は、性格の不一致を理由に慰謝料請求ができるのかについてご説明していきます。

性格の不一致だけで慰謝料は発生しない

慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われる賠償金のことを言います。

よって、単に性格の不一致というだけでは、慰謝料が発生することはありません。離婚時に支払われる慰謝料の代表例としては、浮気や不倫といった不貞行為、暴力や虐待といったDV行為があった場合です。

こういった明確な事情があるのであれば慰謝料は発生しえますが、性格の不一致というあいまいな理由だけでは、慰謝料請求は難しいです。

そもそも性格が不一致というだけで慰謝料を認めてしまっていては、両者が性格の不一致を主張すれば、両者に慰謝料が発生することになってしまいます。

こういった問題が生じてしまうため、どちらに責任があるのか明確でない以上、慰謝料が発生することはありません。

財産分与については請求可能

上記のように、離婚時に慰謝料は必ず発生するものではありません。現実には、慰謝料が発生しないなんて納得がいかないという方も多いことでしょう。

しかし、たとえ慰謝料が発生しなかったとしても、離婚時に財産分与は必ず発生するものです。

よって、性格の不一致による離婚であっても、財産分与で本来であれば発生しないはずの慰謝料分を補うことは可能となっています。

特に、離婚後の生活費を慰謝料に頼っていたという方は、財産分与における扶養的財産分与(詳しくは「財産分与」)の請求を相手にしましょう。

こうすることによって、生活維持の困難が解消されるまでの一定期間、相手から生活費の支払いを受けることが可能となります。

財産分与で揉めた場合は弁護士に相談を

上記のように、発生しない慰謝料分は財産分与にて補うことも可能となっていますが、これはあくまでも相手が支払いを認めた場合にすぎません。

相手が支払いを認めないのであれば、調停による話し合い、最終的には裁判にて判決を取り、裁判所から支払いを認めてもらう他に方法がないのです。

とはいえ、裁判までやるとなると時間もかかってしまいますし、その間にだって生活費は必要になってしまうものです。

そこで、財産分与で揉めた場合は弁護士に相談することをおすすめします。弁護士であれば、夫婦だけで話し合いをするよりもスムーズな解決が期待されますし、相手に支払いを納得させるだけの交渉術も持ち合わせています。

扶養的財産分与の請求は、解決が遅くなればなるだけ生活に影響を与える可能性が強いため、弁護士に早急な解決を依頼しましょう。

カテゴリー:慰謝料

関連記事
離婚せずに慰謝料請求できる?
子どもから浮気相手に慰謝料請求はできる?
慰謝料や財産分与に贈与税はかかる?
慰謝料請求に時効はある?
浮気相手からも慰謝料は取れる?
姑に対しても慰謝料請求はできる?
慰謝料はどうやって決定するの?
慰謝料や養育費に遅延損害金は発生する?
モラハラを理由に慰謝料請求はできる?