離婚問題における内容証明郵便の効力とは?

離婚問題におけるトラブルを解決するための1つの方法として、内容証明郵便が利用されることがあります。特に協議離婚といった話し合いが中心となる離婚の場合、書面でのやり取りを内容証明郵便で行うことがあります。また、別居中に利用されることも多いのが内容証明郵便です。

内容証明郵便の効力

内容証明郵便とは、「誰が誰にどんな内容を送ったのか?」というのを郵便局が証明してくれるという、少し特殊な郵便を言います。

また、内容証明郵便自体に法的拘束力はありませんが、相手に対する自らの意思表示として、裁判では証拠として利用されることもあり、通常の郵便物とは様式も異なるため、相手に対して心理的なプレッシャーを与えることが期待されます。

法的な効力を期待するわけではない

冒頭でも軽く触れていますが、内容証明郵便に法的拘束力はありません。
そもそも法的な効力を期待しているわけではなく、送付された内容を証明するだけでも、内容証明郵便には大きな意味があるのです。

内容証明郵便というだけで相手に対して状況の重さや深刻さが伝わり、相手の反応を見るという意味でも十分な効力があると言えます。

最終的には、裁判などで証拠として利用することも可能となっていますので、内容証明郵便は送るだけでも意味があると言えるでしょう。実際に、多くの専門家が相手に通知を出す際に内容証明郵便を利用しています。

用紙の指定はないが3通必要

内容証明郵便を送付する際、特に用紙の指定といったものはありませんが、まったく同じ内容の文面を3通用意する必要があります。内訳は相手用・郵便局用・自身の控用となっています。手書きの場合はコピーでも問題はありません。

また、使用できる文字に関しては、日本語のみとなっていて、文字数と行数に細かい指定があります(詳細はこちら)。その他にも、印鑑を押す際は3通すべてに印を押すなどの指定もあります。

ポスト投函ではなく郵便局へ直接持参する

なお、内容証明郵便はポスト投函で出すものではありません。
郵便局に直接持参し、上記のような利用条件を満たしているかをその場でチェックしてもらわなければならないのです。

その際、訂正があった場合のために訂正印として、内容証明郵便に押した印鑑と同じ印鑑を持参しておくと良いでしょう。すべてのチェックが終わると、自身の控用に日付が明記された郵便局のスタンプを押され、受領書と共に手渡されることになります。

内容証明郵便のみを専門家に依頼する方法も

上記のように、内容証明郵便には細かい指定が数多くあるため、個人で行うには少し大変かもしれません。そういった場合は、内容証明郵便のみを専門家に依頼するという方法もあります。

相手に送る文案の作成から送付まで、すべてを依頼することが可能です。
また、少し作成料金が高くなってしまいますが、専門家の名義を入れてもらうことも可能となっています。専門家の名前が入るだけで、心理的なプレッシャーが段違いになりますので、こちらもうまく利用してみてください。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?