逮捕されたことが離婚理由になるのか?

逮捕された夫と離婚がしたい。逮捕されたことが離婚理由になることはあるのでしょうか?

逮捕されたことが離婚理由になるのか?

こういった場合、相手も離婚に同意しているのであれば、逮捕された警察署内にある留置所などでの面会時に離婚届を差し入れし、サインをもらって市区町村役場に提出すれば離婚は成立します。

しかし、相手が離婚に同意してないとなれば、婚姻を継続し難い重大な事由があるとして離婚請求をするしかありません。

しかし、逮捕されただけでは何かしらの罪が確定したわけではありません。まずは冷静になって本当に離婚が必要か考えてみましょう。

それでも離婚をしたい場合

冷静になってもやはり離婚をしたいという場合、まずは勾留期間(拘束される期間のこと)がどの程度なのか知ることが大切です。

よほどの犯罪でもない限り、ほとんどは1~2ヵ月もあれば釈放されることになります。この程度の期間であれば、勾留中の相手に離婚請求して煩わしい手続きを経由するよりも釈放後にする方が賢明です。

しかし、勾留期間が半年以上にも及ぶようなら、下記のような手続きで離婚請求することになります。

調停手続きを経るのは難しい

離婚請求の原則として、協議離婚ができない場合は調停手続きを経なければなりません。よって、まずは調停手続きをすることになります。

しかし、相手は勾留されているため、調停への出席は困難です。事情次第では、刑事施設長より一時的な保釈が認められることもありますが、稀であるため、まず出席することはできないでしょう。

そこで、相手が調停に出席できない状態であることを家庭裁判所に説明し、調停を経由せずとも離婚訴訟ができるように許可を得る必要があります。

離婚訴訟の提起は可能

上記の理由をもとに、調停を経由せずに裁判離婚ができるように許可を得れば、たとえ相手が勾留中であっても、婚姻し難い重大な事由があるとして離婚訴訟の提起が可能となります。

この際、相手に出す訴状の送り先は、相手が勾留されている場所(留置所や拘置所)になります。ここで相手が離婚に反対する意思を示さないのであれば、多くの場合でそのまま離婚が認められます。

しかし、相手が離婚に反対し、裁判への出席を望むのであれば、調停時と同様に刑事施設長から許可をもらうか、弁護士に代理で裁判に出席してもらうことになります。

逮捕だけで離婚が認められるのか?

では、相手が弁護士を立てて離婚裁判に臨んできた場合、逮捕が理由となって離婚が認められることはあるのでしょうか?こちらの答えは、認められる可能性は低いです。

というのも、逮捕されていたとしても、罪も刑も確定したわけではありませんし、仮に執行猶予(罪を犯さなければ実刑とならない期間)が設けられたとしても、生活態度を改めることは十分可能です。

よって、逮捕されたことだけが離婚理由では裁判所は離婚を認めてくれない可能性が強いです。

カテゴリー:婚姻を継続し難い重大な事由

関連記事
婚姻を継続し難い重大な事由の定義って?
性格の不一致を理由に離婚はできる?
浪費癖がひどい相手と離婚はできる?
相手からの暴力を理由に離婚はできる?
セックスレスを理由に離婚はできる?
宗教を強要する相手と離婚はできるか?
親の介護を拒む相手と離婚はできるか?
モラハラを理由に離婚はできるか?
相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?