夫婦間の約束は取り消し可能?

夫婦間でした約束は、いつでも取り消しができるものなのでしょうか?

夫婦間の約束は取り消し可能?

たとえば、「ボーナスが出たら半分は好きに使って良いよ」と言っていたにも関わらず、いざボーナスが出ると「そんな約束したかな?また今度ね」といったように、約束を破られてしまった場合、どうすることもできないのでしょうか?

夫婦間の約束は取り消し可能

夫婦間の約束、という言い方をすると単なる口約束のようにも見えますが、これは法律上の「契約」と言い換えることができます。つまり、上記のような行為は契約違反に該当するものです。

しかし、民法の条文では、「夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方から取り消すことができる」と定めています。よって、夫婦である以上、契約違反を主張するのは困難であり、いつでも取り消しができてしまうということです。

この条文は、夫婦間は親密であるがゆえ、冗談でした約束かどうかの判断ができず、また、その約束事に裁判所が関わると仲を損なう可能性があるため、夫婦間の愛情と道徳心に任せよう、といった趣旨のもと作成されました。

取り消しが認められないこともある

では、すでに夫婦間の愛情が途絶えていたとしたらどうでしょう?
上記のように、民法では夫婦間のトラブルは愛情と道徳心に任せようとなっていますが、すでに愛情が途絶えているのであればこの法律は適用されません。

たとえば、すでに離婚を前提にしてある約束が交わされた場合、後になってからでは約束を取り消すことはできないのです。こちらは贈与契約にてよくあるパターンと言えるでしょう(詳しくは「夫婦間の贈与は取り消すことができるの?」)。

つまり、お互いが離婚を前提として交わされた口約束は、すべて契約として取り扱われることになり、いくら夫婦であっても取り消しは認めらないのです。

口約束ではなく書面にして残しておく

ただし、単に口約束では水掛け論になってしまう可能性が強いです。
そこで、口約束をするのではなく、必ず書面にして残しておくようにしましょう。
この書面自体には、強制執行ができるといった法的な拘束力はありませんが、少なくとも約束した内容を残しておけるため、後のトラブル防止に繋がることになります。

最終的には、公正証書といった形で残しておくのが理想ですが、とりあえずは書面にしておけば後から言ってないと言われることもないでしょう。なお、書面に残しておくのが難しい場合は、音声を録音しておく方法でも良いです。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?