離婚届の証人は誰でも良い?

調停や裁判による離婚の場合は必要ありませんが、協議離婚をするのであれば、離婚届には証人2名の署名捺印が必要となります。

離婚届の証人は誰でも良い?

しかし、証人といってもいったい誰に頼めば良いのか?そもそも誰でも良いものなのか?といった疑問がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、離婚届の証人について詳しくご説明していきます。

離婚届の証人は誰でも良い

離婚届の証人は、20歳以上であれば誰でもなることができます。
自身の両親や兄弟姉妹、友人、極端にはまったく知らない誰かであっても、署名捺印さえしてもらえれば問題はありません。

また、証人は2名となっていますが、夫婦がそれぞれ1名ずつ出さなければならないわけでもありません。しかし、誰でも良いからといって離婚する夫婦が証人になりすます行為は認められていないため注意しましょう。

証人になると責任が生じる?

離婚届の証人と聞くと、責任のある立場にも感じられますが、実際には証人になったからといって何かしらの法的義務が生じることはありません。離婚届の証人というのは、「当事者の離婚を見届けます」といった意味があるだけで、離婚に関して責任を負うわけではないのです。

そもそも離婚とは、当事者の身分関係に関する重要な手続きであるため、当事者だけでなく、離婚の事実を証明する第三者が必要とされています。その他に証人が必要な身分に関する手続きとしては、婚姻、養子縁組、養子離縁があります。

なお、離婚届に証人が必要になるのは協議離婚の場合のみです。
この理由は、調停や裁判は裁判官が離婚の事実を見届けているため、証人は必要ないとされているからです。
しかし、証人を出さなくても良い代わりに、離婚届の提出時に、調停の場合は「調停調書」、裁判の場合は「確定判決書」といった書面が必要になります。

証人代行を行っている業者もある

では、証人が見つからなかった場合はどうすれば良いのでしょう?

現実には離婚届に署名捺印することに抵抗がある方が多いのも事実です。
協議離婚を弁護士に仲介してもらっていたのであれば、担当した弁護士や、事務職員に証人になってもらうことも可能ですが、なかなか証人が見つからないといった方も中にはいらっしゃいます。

こういった方のために、離婚届の証人代行を行っているサービス業者もあります。状況次第では利用してみるのも良いでしょう。

なお、こういったサービス業者に不安を感じるのであれば、弁護士に証人だけ依頼することも可能となっています。なにも協議離婚を1から見てもらわなければ弁護士に証人を依頼できないわけではありません。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?