無断で出された離婚届が受理されてしまったら?

原則として、離婚届は夫婦が離婚に同意した場合に提出されなければなりません。
しかし、無断で離婚届を出すことも可能です(詳しくは「無断で離婚届を出すことはできる?」)。

無断で出された離婚届が受理されてしまったら

では、もし無断で出された離婚届が受理されてしまったら、どう対処するのが良いのでしょうか?

離婚無効の主張を裁判所にする

一度、市区町村役場に受理された離婚届は簡単に取り消すことができませんが、戸籍簿に反映されるまでの数日間であれば間に合う可能性はあります。

しかし、間に合わなかった場合は、家庭裁判所で「離婚無効確認の調停」手続きを経なければなりません。無断で受理された離婚届を取り消すには、裁判所から離婚の無効を認めてもらう必要があるのです。

調停ができない場合は審判に

上記の方法は、調停手続きである以上、相手が話し合いに応じてくれなければ進めていくことはできません。無断で離婚届を出すような相手の場合、調停に足を運んでくれない可能性は十分にあります。

こういった場合は、審判手続きにゆだねられることになっています。
つまり、本当に離婚が無効であるかどうかの判断は裁判官がするということです。
これが認められれば取り消し可能となりますが、認められなかった場合は裁判による解決しか方法はなくなります。

裁判は弁護士に依頼するのが無難

もし、離婚無効確認が裁判にまで発展してしまった場合は、弁護士に依頼するのが無難です。というのも、裁判で無効が認められないと他に取り消す方法がなくなってしまいます。調停や審判とは比べ物にならないほど重要な手続きとなるため、裁判のプロである弁護士に依頼しましょう。

なお、調停や審判で無効が認められなかった原因のほとんどは証拠の不十分さです。
しかし、弁護士であれば数少ない証拠から、裁判官を納得させるだけの主張を展開することも可能です。一般知識だけでは困難な状況まで来ていますので、ここは弁護士の力に頼りましょう。

離婚の取り消しは裁判所からの書類を提出

上記のいずれかの方法で離婚無効が認められたら、次は取り消しのために裁判所からの書類を市区町村役場に提出します。ここで提出する書類は、どの手続きで無効が認められたのかによって異なります。調停で認められたのであれば「調停調書」、審判であれば「審判書」、裁判であれば「判決書」がそれぞれ必要になります。

このように、一度受理された離婚届を取り消すのは簡単ではありません。
しかし、可能性がまるでないわけではありません。本意による離婚でない場合は、あきらめず上記の手続きを行いましょう。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?