不貞の証拠が不十分でも慰謝料請求はできる?

相手の不審な行動に不貞行為を疑ってはいるが、その証拠がほとんどない場合、果たして慰謝料請求はできるのでしょうか?

ほとんどの方が不貞行為の証拠がなければ慰謝料請求はできないと考えていますが、結論から言えば慰謝料請求は可能です。

不貞の証拠が不十分でも慰謝料請求はできる?

というより、現実には確定的な不貞行為の証拠というのはほとんど手に入れることはできません。不十分な証拠で慰謝料請求するケースのほうが多いのです。

メールや着信履歴だけでは証拠不十分

不貞行為を断定するのに必要な証拠としては、単にメールのやり取りや着信履歴と考える方が多いですが、実はこれだけでは不十分です。というのも、不貞行為の十分な証拠とは、肉体関係が確定する証拠でなければなりません。

たとえば、肉体関係が目に見えてわかる動画や写真、ホテルに出入りする写真などが代表例です。単なるメールや着信履歴だけでは、肉体関係が明らかになることはありません。こういった証拠では不貞行為を立証するには不十分です。

たとえ証拠不十分でも慰謝料請求は可能

しかし、たとえ証拠不十分であっても慰謝料請求は可能です。
通常、証拠というのは裁判で裁判官に説明するために必要なのであって、慰謝料請求するだけであれば確定的な証拠は必要ありません。

たとえば、単なるメールや着信履歴であっても、相手がそれを後ろめたく感じるようであれば、慰謝料請求は十分可能なのです。裁判上の証拠としては不十分であっても、話し合いの材料にするだけであれば問題はありません。

相手に支払いを認めさせるには?

上記のことから、たとえ証拠不十分であっても慰謝料請求は可能とわかりました。
しかし、請求だけが目的ではありません。最終的に相手に支払いを認めさせて初めて成功と言えます。

そこで、相手に支払いを認めさせるために、弱い証拠であっても複数を組み合わせる必要があります。また、手元にほとんど証拠がなかったとしても、相手の帰宅時間をメモする、カーナビの記録を押さえるといった、小さなことから証拠を作り上げることは可能です。

こうした小さな積み重ねから、相手が不貞行為を自白すれば、それはどんな証拠よりも確定的なものとなります。

慰謝料請求は弁護士に依頼を

さらに、慰謝料請求するのであれば弁護士への依頼もおすすめします。
たとえ弱い証拠であっても、弁護士が介入するだけで相手に与える心理的圧迫は相当なものです。

本当に不貞行為があったのであれば、支払いを認めざるを得ないと諦める方も多くいるでしょう。後ろめたい行為があればあるほど、弁護士の名を目にするのは嫌なものです。

カテゴリー:不貞行為

関連記事
どこからが不貞行為に該当するの?
どんなものが不貞の証拠になる?
別居後の不貞行為は離婚原因になる?
浮気されたら浮気し返しても良い?
一度浮気を許したら後から離婚はできない?