調停を欠席するとどうなる?

協議離婚が成立しなかった場合、離婚するには調停離婚するしかありません。

しかし、協議離婚とは違って裁判所での手続きになるため、心身にかかってくる負担は想像以上です。そこでつい調停を欠席したくなってしまった・・・。こういった場合、調停を欠席するとどうなってしまうのでしょうか?

調停を欠席するとどうなる?

今回は、調停を欠席するとどうなるのかご説明していきます。

欠席しても大きな不利益は生じない

結論から言えば、調停を欠席したとしても、特に大きな不利益が生じることはありません。というのも、調停は話し合いを基本とする手続きであるため、どちらかが欠席となれば話し合いが進まなくなるだけです。たとえ欠席しても不利な方向に話が進んでいくようなことはありません。

とはいえ、これでは調停は行っても行かなくても変わらないのでは?とも感じられます。しかし、調停は初回の呼び出しを除いて、基本的に双方の予定を調整した上で決められています。欠席しても不利益が生じないからといって、何度も欠席を続ければ当然ながら裁判官や調停委員に与える心証が悪くなってしまいます。

やむを得ない事情があれば欠席も仕方ありませんが、そうでない限りはむやみに欠席を繰り返さないほうが良いでしょう。

調停を欠席したい場合は?

では、調停を欠席したい場合はどうすれば良いのでしょうか?
いくら欠席しても不利益がないとはいえ、欠席したいのであれば事前に変更の手続きをするのが最低限のマナーです。

こういった場合は、「調停期日変更申請」を行うようにしましょう(詳しくは「調停や裁判の期日は変更できる?」)。この申し立ては調停が開かれる当日でも可能ですが、可能な限り2週間以上前に行うのが良いでしょう。

また、調停を欠席するのは当事者だけではありません。
やむを得ない事情があれば、裁判官や調停員が欠席することもあります。
こうなった場合、調停が開かれることはありません。

なお、ほとんど適用はありませんが、無断で調停を欠席した場合、5万円以下の過料に処すと法文上は明記されていますので、無断欠席だけはしないようにしてください。

何度も欠席を繰り返すと調停は不成立に

では、1日だけでなく何度も欠席を繰り返した場合はどうでしょう?

この場合は、これ以上の話し合いは困難と判断され、調停不成立になることがほとんどです。こうなれば、次の離婚手段は再度の協議離婚か裁判離婚しかなくなってしまいます。

なお、裁判の場合は調停とは違い、欠席すると不利益が生じることになります。

というのも、相手の主張に対してなにも反論しないと判断されてしまい、数回は様子を見るにしても、下手をすればそのまま判決が出されてしまうのです。となれば、自身の主張は一切反映されない判決が出てしまうため、裁判だけは欠席を繰り返さないように注意しましょう。

カテゴリー:調停離婚

関連記事
調停離婚のメリット・デメリットは?
離婚調停では何を聞かれる?
離婚調停申立に必要なものは?
相手が離婚調停に来ない場合は?
調停委員ってどんな人?
離婚調停の流れは?
離婚調停はいつ開かれる?
離婚調停の取り下げは可能?
相手の住所がわからない場合は?
離婚調停は申し立てたほうが有利?
調停に子どもは連れていける?
離婚調停の裁判所を変える方法は?
相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?
調停や裁判の期日は変更できる?
調停を同時に申し立てることは可能?
調停の申立書が届いたらどうすべき?
調停委員が相手の味方をしている場合は?
親族も離婚調停の代理人になれる?
離婚調停に費用はどの程度かかる?