離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?

相手が弁護士をつけてきたら?

「私も弁護士を立てなきゃいけない?」
「弁護士費用は高いって言うけど…」

相手が弁護士を立ててきた場合、一人で話し合いを有利に進めることは難しいと言えます。
相手は離婚問題のプロであるため、慰謝料や財産分与の条件が悪化する可能性が高いからです。

弁護士費用の相場は70万円前後と、事務所の実績や実力によって異なっています。

もし、弁護士を立てずに一人で話し合いを進めてしまった場合、財産分与でもらえたはずのお金がもらえなくなったり、婚姻時代に購入したローンの請求が離婚後に突然届いたりすることもあります。
詳しくはこちらの相談事例へ

「弁護士なしで不利にならないかな…?」「財産分与が減額されたらどうしよう…」
など、少しでも不安がある場合は、相談だけでも弁護士に問い合わせてみるのが賢い選択です。


ステラ 弁護士事務所への相談ボタン

ここでは、弁護士が介入してきた場合の対応について、説明します。

調停前の交渉においての対応

協議離婚が不成立になった場合でも、弁護士介入後は再度、協議による交渉を試みるのがセオリーです。この理由は、調停に発展してしまうと解決までに多くの時間がかかってしまうため、依頼者のためにもまずは協議での離婚成立を目指すのです。

なお、調停前の交渉では、弁護士側が双方の妥協点を探し、交渉に盛り込んできます。一度成立しなかった協議離婚を成立させるには、譲歩の姿勢を見せる必要があると多くの弁護士は考えています。よって、その多くは夫婦のみで話し合っていたときより、自身に有利な内容となっていることが多いです。

とはいえ、妥協できないのであれば、その交渉に無理に応じる必要はありません。

調停開始後の対応

調停というのは、原則として当事者同士の話し合いの場です。
よって、弁護士がついていてもいなくても、表面上は不利になったり有利になったりはしません。

しかし、相談できる相手がいないとなると、かかってくる精神的負担が段違いとなるため、気持ちを強く持つことが大切です。

なお、たとえ不利に感じたとしても、調停という性質上、最終的に合意に至らなければ不成立となります。相手に弁護士がついていたとしても、離婚条件に納得できないのであれば、調停が成立することはありません。

また、調停委員や裁判官も弁護士がついている側の味方をするわけではありません。
調停はあくまでも対等な話し合いの場になります。

裁判にまで発展してしまったら

調停が不成立となり、離婚問題が裁判にまで発展してしまった場合、自身も弁護士への依頼を検討したほうが良いです。裁判となると、協議や調停とは違い、最終的に判決が出されることになります。ここで自身に有利な結果を出したいのであれば、やはり弁護士に依頼するのが無難です。

特に相手が弁護士をつけているとなれば、プロとアマチュアで裁判をするようなもので、一方的に不利な条件を押し付けられる可能性もあるため、一人で乗り切るには負担が大きすぎます。

最終的に判決にて不利な条件を押し付けられることを考えると、費用がネックと言っていられない場合もあるため、まずは相談だけでもしてみることをお勧めします。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?