モラハラを理由に離婚はできるか?

離婚ではモラハラが問題に取り上げられることもあります。

モラハラとは、正式にはモラル・ハラスメントといい、肉体的な暴力ではなく、精神的な暴力や嫌がらせなどを言います。

モラハラを理由に離婚はできるか?

では、相手からのモラハラを理由に離婚はできるのでしょうか?
結論からいえば、モラハラを理由に離婚は可能です。

離婚というのは、協議や調停によっても叶わなかった場合、裁判で争うのですが、この場合は法定離婚原因(詳しくは「法定離婚原因」)がなければなりません。

モラハラは状況次第ではありますが、法定離婚原因の中の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するのです。

どういった行為がモラハラに該当するのか

では、どういった行為がモラハラに該当するのでしょうか?
以下に簡単にまとめました。

・バカだ・ダメだなどといった言葉で相手をおとしめる
・理由もないのに無視し続ける
・相手の趣味などをあざける
・ミスを何から何まで指摘する
・人前で悪口をいったり笑いものにしたりする
・相手に口を挟ませず言うだけ言っていなくなる
・意図的に物にあたったり大きな音をたてたりする

なお、上記はモラハラ行為のほんの一端です。

これ以外にも数多くの精神的な暴力や嫌がらせがモラハラに該当するため、同じようなことをされていると感じた方は被害者の可能性があります。

モラハラを繰り返す相手と離婚するには

モラハラが日常的に繰り返されている場合、夫婦間で冷静な話し合いをするのは困難です。可能な限り協議離婚は避け、調停離婚を試みるのが良いです。

しかし、調停離婚も言ってしまえば話し合いの延長線に変わりはないため、最終的には裁判離婚を視野に入れる必要があります。

ただし、冒頭でも触れたように、裁判離婚を認めてもらうためには婚姻を継続し難い重大な事由があることを示さなければなりません。つまり、モラハラが繰り返されていることがわかる客観的な証拠が必要になるのです。

モラハラは肉体的な暴力と違い、傷が残るわけではないため、なにも示さずに第三者に説明するのは簡単ではありません。そこで、可能な限り相手に言われた言葉をメモに書き残す、または、録音するといった証拠集めが重要となります。

モラハラを繰り返す相手と離婚するには証拠集めが重要になると覚えておきましょう。

モラハラを理由にした離婚は弁護士に

モラハラを繰り返す相手と離婚したい場合、裁判離婚にまで発展してしまう可能性が高いです。

しかし、裁判となると手続き上の知識だけでなく、裁判官を説得するだけの法的な知識も必要になってくるため、良い結果を望むのであれば弁護士に依頼するのがもっとも良いです。

また、日ごろのモラハラによって精神的に追い詰められている場合、適正な対処ができず、相手に言いくるめられてしまう可能性もありますが、弁護士であれば冷静に適正な対処をしてくれますし、相手に言いくるめられる心配もありません。

カテゴリー:婚姻を継続し難い重大な事由

関連記事
婚姻を継続し難い重大な事由の定義って?
性格の不一致を理由に離婚はできる?
浪費癖がひどい相手と離婚はできる?
相手からの暴力を理由に離婚はできる?
セックスレスを理由に離婚はできる?
逮捕されたことが離婚理由になるのか?
宗教を強要する相手と離婚はできるか?
親の介護を拒む相手と離婚はできるか?
相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?