弁護士への無料相談をうまく利用するには?

弁護士といえば法律の専門家です。
法律に関することなら豊富な知識を持っているのは間違いありません。
しかし、弁護士によって得意分野があるのも事実です。
無料相談をうまく利用したいのであれば、対象となっている問題に強い弁護士に相談したほうが実りもあります。

弁護士への無料相談をうまく利用するには?

つまり、離婚問題の相談をしたいのであれば、やはりそこに力を入れている事務所の無料相談を受けたほうが良いでしょう。

なぜ無料相談が良いのか?

弁護士への法律相談は、少し前までは有料が当然となっていました。
法的な知識を提供するのだから、有料は当然と考えられてきたのです。
また、その相場も非常に高く、30分5000円、1時間1万円といった金額設定が当たり前にされていました。

しかし、ここ数年でより一般の方のニーズに答えるため、弁護士業界全体が有料相談ではなく無料相談を始めるようになってきました。
もちろん無料だからといって弁護士の質が悪いと言ったこともありません。
無料で専門家に相談できる時代になったと言い換えても良いでしょう。

あえて有料相談を利用する必要はないため、ぜひ無料相談を活用してください。

無料相談をうまく利用するコツ

いくら無料で弁護士に相談できるからといって、その時間は限られています。
少しでもうまく無料相談を利用するために、以下のことに注意してみてください。

1.事前に状況を書き出しておく
せっかく弁護士に相談するというのに、状況も整理できていないのでは意味がありません。
事前に状況をできる限り書き出しておくようにしましょう。
また、最終的にどうしたいかといった結論を先に伝えることも重要です。
離婚したいのかそうでないのか、これは非常に重要となります。

2.基礎的な知識を身に着けておく
弁護士であれば基礎的な知識についての説明も当然してくれます。
しかし、より具体的な相談をしたいのであれば、基礎的な知識は事前に身に着けておくのが良いです。

離婚問題で言えば、子どもがいる場合は親権を決めなければ離婚できない、離婚と慰謝料は必ずセットになるものではない、といった簡単なもので大丈夫です。

最近はインターネットなどで法律知識を得ることが容易になりました。
少し知識があるだけで相談の質が格段に上がり、弁護士のアドバイスの理解度も大きく違ってきます。

3.資料は厳選して持っていく
相談に際して、少しでも状況をうまく説明するために資料を持っていくのも良いです。
離婚問題で言えば、不貞の証拠になるかならないかについて弁護士にその場で判断してもらえます。

しかし、膨大な資料を持っていっても、その場ですべて確認できるわけではないため、厳選して持っていくのが良いでしょう。

4.相談中はメモを取る
弁護士との相談が終わった後、どうすればいいんだっけ?となる方はたくさんいらっしゃいます。
こうならないために、相談中はメモを取ることも忘れてはいけません。
筆記用具を持参し、相談内容を振り返るすべも用意しておきましょう。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?