調停委員が相手の味方をしている場合は?

「調停委員がなんとなく相手の味方をしている気がする・・・」

原則として、調停委員は中立でなければならず、当事者いずれかを味方してはいけません。しかし、現実にはこのように感じる方は大勢いらっしゃいます。

調停委員が相手の味方をしている

調停委員といっても、裁判官と同じように法律に精通している専門家とは限らず、一般市民の中から裁判所に選任されている方もいます。そのため、意見が偏ることもありますし、どうしても感情が入ってしまい、どちらかに対して味方したり、嫌悪感を抱いたりもするのです。

では、調停委員が相手の味方をしていると感じた場合は、どのように対処すべきなのでしょう?

調停委員と対立しても仕方ない

いくら調停委員が相手の味方をしていると感じても、敵対心を出して対立しても意味はありません。結局、当事者同士の話し合いが進展しなければ調停は成立しないためです。

調停委員の多くは、法律の専門家とは限りませんが、調停委員をやるだけあって、法律についてしっかり勉強されている方がたくさんいます。

そして、当事者同士の意見の食い違いが生じると、法的な目線からお互いを和解に持ち込もうと努力します。この法的な目線から諭されると、調停委員が相手の味方をしているように感じてしまうのです。

たとえば、相手から慰謝料請求を受けていて、それをいつまでも受け入れないでいると、過去には同じような事情でいくらの慰謝料が支払われた判例がある、といったように諭してきます。

しかし、ここで苛立って調停委員と対立しても、話し合いが進展するわけではないため、
「法律のことはわからないが、受け入れる気はない」
とはっきりと断っておけば問題ありません。

弁護士に依頼して調停に参加してもらう

調停委員は法律について勉強している方が多くいますが、それでも法律の専門家にはかないません。そこで、弁護士に調停に参加してもらうという対処法もあります。

多くの調停委員は調停が不成立になると当事者のためにならないと考え、
「このままだと法的にはマイナスにしかならない」
「調停を成立させたほうがお互いのためになる」
といったように、選択肢を狭める説得をしてきます。

しかし、弁護士がついていると調停委員は根拠のない発言ができなくなるばかりか、相手を味方するような発言もできなくなります。現実には選択肢はいくらでもありますし、調停成立だけがすべてではないのです。

調停委員は弁護士という監視の目があると、あくまでも中立に振る舞おうとします。
そうなれば、調停委員がどちらに味方するといった空気もすっかりなくなります。

カテゴリー:調停離婚

関連記事
調停離婚のメリット・デメリットは?
離婚調停では何を聞かれる?
離婚調停申立に必要なものは?
相手が離婚調停に来ない場合は?
調停委員ってどんな人?
離婚調停の流れは?
離婚調停はいつ開かれる?
離婚調停の取り下げは可能?
相手の住所がわからない場合は?
離婚調停は申し立てたほうが有利?
調停に子どもは連れていける?
離婚調停の裁判所を変える方法は?
相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?
調停や裁判の期日は変更できる?
調停を欠席するとどうなる?
調停を同時に申し立てることは可能?
調停の申立書が届いたらどうすべき?
親族も離婚調停の代理人になれる?
離婚調停に費用はどの程度かかる?