少しでも早く離婚するためには?

「少しでも早く離婚がしたい・・・」

離婚問題と向き合いながら、このように感じている方は現実に多くいらっしゃいます。

しかし、離婚は簡単にできるものではありません。
特に、相手が離婚に応じていないのであれば、結論が出ないまま、協議はいつまでも平行線なんてこともあります。

少しでも早く離婚するためには?

このように協議離婚できない場合に有効なのが離婚の調停手続きですが、実際に調停を利用した方が離婚は早くできるのでしょうか?

今回は、少しでも早く離婚したい場合に必要な知識について説明します。

調停を利用しても早く離婚できるわけではない

夫婦による話し合いが平行線の場合、家庭裁判所に介入してもらい、話し合いの進行だけでなく意見までもらえる調停手続きを利用するのは有益です。

しかし、調停を利用したからといって早く離婚できるわけではありません。

調停は裁判所の都合もあり、1ヶ月に1度程度、1回2~3時間ほどしか開かれません。
また、いくら裁判所が介入したからといって、話し合いが必ずスムーズに進む保証はなく、場合によっては調停を利用したことにより離婚が遅くなってしまうこともあります。

調停では、離婚の可否だけでなく、財産分与、子どもがいれば養育費、慰謝料といった問題まで取り扱うこともあり、なかなか進まないこともあるのです。

その一方で協議離婚なら毎日話し合える

しかし、協議離婚であればお互いが話し合う気さえあれば時間制限もなく、子どもがいた場合でも親権者さえ決めてしまえば、理論上はすぐに離婚可能となっています。

つまり、早く離婚することだけを考えれば、調停離婚より協議離婚のほうが良いです。

いくら相手が離婚に応じてくれなかったとしても、少しでも早く離婚したいのであれば、根気よく協議離婚が成立する努力をしてください。また、そもそも調停はやむを得ない理由がある場合に利用する手続きであって、離婚の原則は協議離婚であると覚えておきましょう。

早く離婚するためのコツ

では、協議離婚で早く離婚するにはどうすれば良いのでしょう?

まずは、相手が離婚を拒んでいる理由を知り、それを把握したうえでも、自分には離婚以外の選択肢はないと言い切ることです。相手に復縁の可能性はないと理解してもらいましょう。

次に、財産分与や養育費などを多額に請求しないことです。
もちろん自分自身や子どもが最低限生活していける費用は請求すべきですが、早く離婚したいのであれば無理に請求するものではありません。お金に関して妥協を見せる姿勢は早く離婚するためにも有効です。

また、離婚後であっても、財産分与や養育費は請求できるため、お金の問題はいったん後回しにし、離婚だけ成立させてしまう方法もあります。ただし、この場合は時効にだけ注意するようにしましょう。
(詳しくは「離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?」)

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?