内緒のヘソクリも財産分与の対象?

なにをもって財産分与の対象になるかについては、その財産が夫婦の婚姻中に協力して築いたか否かによって判断されています(詳しくは「財産分与の対象となる財産は?」)。

内緒のヘソクリも財産分与の対象?

しかし、なかなか判断がつかないものがあるのも事実。たとえば、相手に内緒で貯めてきたヘソクリについてはどうでしょう?財産分与の対象になってしまうのでしょうか?

そこで今回は、ヘソクリと財産分与について詳しくご説明します。

ヘソクリは財産分与の対象となる可能性が高い

現実に、ヘソクリというのは専業主婦が夫から与えられた生活費の中で切り盛りし、相手に内緒でこっそりと貯めておいたお金のことを言います。

一見すると、妻が倹約によって得たお金のようにも見えますが、実際には夫の収入であり、本来的には夫婦が共有の生活を送るために使用されなければならないお金に該当していると言えます。

共働きで貯めていたお金ならまだしも、専業主婦ともなると、自身の特有財産としての主張をするにはなかなか難しいところ。

よって、ヘソクリは離婚時に財産分与の対象とされてしまう可能性が非常に高いと言えるでしょう。

実際にはヘソクリが見つからないことも・・・

とはいえ、ヘソクリというからには隠してあるのは当然です。

よって、離婚に際しても、結局はヘソクリが見つからない(見つけられない)といった可能性は十分に考えられます。

離婚となればお金のことで揉めるのはよくある話ですが、そこであえて自身のヘソクリを公開するなんて人はまずいません。見つからなければ当然ながら離婚時に話題になることもありませんので、そのまま保持することも可能と言えるでしょう。

こういった行為は、法律の趣旨に反する行為ではありますが、それを取り締まる方法もないことから、利用されている方がいるのも事実です。

ヘソクリの調査をすることは可能か?

では、相手がヘソクリをしていないか、調査によって見破ることは可能なのでしょうか?

こちら、決して不可能というわけではありませんが、なかなか見つけるのは難しいと言えます。

たとえば、自宅のどこかに隠しているのであれば家探しをすることによって見つけられることもあるかもしれませんが、どこか別の場所、たとえば隠し口座などに保管しているとなれば見つけるのは困難と言えます。

ただし、弁護士に依頼するとなれば、金融機関に照会をかけることも可能となっていますので、隠し口座が見つかることもあるかもしれません。

とはいえ、あてずっぽうで調査をするわけにもいきませんので、ある程度は目星をつけておかなければなりません。こうした相手の財産に関する情報を仕入れるという意味では、離婚手続き前から調査をはじめておく必要があると言えるでしょう。

カテゴリー:財産分与

関連記事
財産分与の比率は?
財産分与の対象となる財産は?
退職金や年金も財産分与の対象?
専業主婦は離婚しても大丈夫?
財産分与の対象財産の評価方法は?
住宅ローンがある場合の財産分与は?
夫婦間の贈与は取り消すことができるの?
会社名義の財産も財産分与の対象?
財産分与は後から変更できる?
財産分与をして負債から逃れることはできる?
相続財産は財産分与の対象になるのか?
資格取得までの生活を支えていた場合の財産分与は?
相手の財産処分を阻止するには?
借金があると財産分与はどうなる?
ペットは財産分与の対象?養育費は発生する?
離婚すると学資保険はどうなる?