離婚調停申立に必要なものは?

調停離婚を成立させるためには、家庭裁判所にて「離婚調停」の手続きを経る必要があります。しかし、調停といっても一般の方には馴染みがないため、なにが必要になるのかもわかりません。

離婚調停申立に必要なものは?

そこで今回は、調停の申し立てをするために必要となるものをご紹介していきます。

以下のものを準備することができれば、問題なく調停を申し立てることが可能となっています。

調停は相手の所在地に申し立てる

まずは、調停を申し立てるために必要な知識についてご紹介します。

調停というのは、どこの家庭裁判所にでも申し立てられるわけではありません。
原則としては、相手の所在地を管轄する裁判所となっています。
裁判所の管轄区域については裁判所のホームページを参考にしてください。

相手の所在地に申し立てなければならない理由とは、調停は話し合いを前提にした手続きであるため、相手が話し合いの席についてくれないことには手続きを進めることができません。よって、相手が出てきやすいように、相手の所在地に申立をしなければならないのです。

調停の申立は家事調停申立書を使用

調停を申し立てるためには、「家事調停申立書」を作成し、家庭裁判所に提出しなければなりません。申立書については、家庭裁判所ごとにひな形が用意されていますので、直接足を運んで受け取るのが良いでしょう。

また、裁判所のホームページ内にて全国的で利用可能な申立書がダウンロード可能となっています。こちらに必要事項を記載の上、管轄となる家庭裁判所に提出をしましょう。

なお、申立書には1,200円分の収入印紙を貼りつけなければなりません。
また、連絡用に郵便切手が1,000円ほど必要になります。
郵便切手の金額と内訳については家庭裁判所ごとに異なりますので、必ず事前に確認をしておくようにしてください。

申立書に添付する書類について

申立書にはその他にも書類の添付が必要となります。
まずは、婚姻していることがわかる戸籍謄本です。
こちらは本籍地のある市区町村役場にて取り寄せることが可能となっています。

次に、年金分割について求める場合は、「年金分割のための情報通知書」(詳しくは「年金分割」)が必要となります。こちらはお近くの年金事務所で取り寄せることができます。

申立時としては以上となっていますが、裁判所から必要に応じて住民票収入証明(給与明細書や源泉徴収票)といった追加書類をお願いされることもあります。
その際は、可能な限り応じるようにし、取得方法がわからない書類があれば裁判所へ都度確認をするようにしましょう。

カテゴリー:調停離婚

関連記事
調停離婚のメリット・デメリットは?
離婚調停では何を聞かれる?
相手が離婚調停に来ない場合は?
調停委員ってどんな人?
離婚調停の流れは?
離婚調停はいつ開かれる?
離婚調停の取り下げは可能?
相手の住所がわからない場合は?
離婚調停は申し立てたほうが有利?
調停に子どもは連れていける?
離婚調停の裁判所を変える方法は?
相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?
調停や裁判の期日は変更できる?
調停を欠席するとどうなる?
調停を同時に申し立てることは可能?
調停の申立書が届いたらどうすべき?
調停委員が相手の味方をしている場合は?
親族も離婚調停の代理人になれる?
離婚調停に費用はどの程度かかる?