浮気相手からも慰謝料は取れる?

浮気という離婚原因を作ったのは、夫婦の一方だけではありません。

浮気相手からも慰謝料は取れる?

浮気相手という存在があったからこそ、このような事態にまで発展してしまったのです。

よって、浮気相手からも慰謝料を取ることは可能となっています。

ただし、浮気相手側の「不法行為」が認められた場合に限ります。 不法行為とは、他人の権利や利益を違法に侵害する行為のこといいます。

浮気相手の故意と過失がポイントとなる

浮気相手に慰謝料請求をする場合、上記のように不法行為であったか否かが問題となり、故意であったか、過失であったかが問われることになります。

相手に配偶者がいることを知りながら肉体関係を持っていたとなれば、こちらは故意による不法行為です。

また、配偶者がいることを知る機会があったにも関わらず、肉体関係を持っていたとなれば、過失による不法行為となります。

このいずれかに該当しているのであれば、不法行為は認定され、裁判上も慰謝料請求が認められると言えます。

ただし、いずれにも該当していないのであれば、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。浮気相手はただ騙されていたという、むしろ被害者と言い換えることができるでしょう。

慰謝料は離婚の有無に関わらず請求可能

なお、浮気相手への慰謝料請求は離婚の有無に関わらず請求が可能となっています。

つまり、離婚にまで発展しなかったとしても、浮気相手に慰謝料請求をすることは可能ということです。

もちろん離婚にまで発展してしまった方が、認められる慰謝料の金額も大きくなると言えますが(詳しくは「離婚せずに慰謝料請求できる?」)、請求ができないわけではありませんので、どうしても浮気相手が許せない場合は慰謝料請求を行いましょう。

浮気の慰謝料請求の法的仕組みに注意

ただし、浮気というのは共同不法行為に該当しています。

つまり、浮気相手にだけ責任が発生しているわけではなく、夫(または妻)にも慰謝料の支払い責任が発生するということです。

また、共同不法行為による慰謝料請求は、両者が支払い責任を連帯してはいますが、それぞれが独立して責任を負っていることになるため、どちらか一方を免除させることができません。

どういうことかというと、浮気相手に100万円の慰謝料を請求した場合、浮気相手だけでなく、夫もその100万円の支払い義務を負うことになるということです。つまり、浮気相手にだけ慰謝料請求をすることはできなくなっています。これを不真正連帯債務(ふしんせいれんたいさいむ)と言います。

離婚まで検討しているのであれば関係ありませんが、離婚までは考えていない場合、浮気相手に慰謝料を請求する際は上記のことに注意しましょう。

カテゴリー:慰謝料

関連記事
離婚せずに慰謝料請求できる?
子どもから浮気相手に慰謝料請求はできる?
慰謝料や財産分与に贈与税はかかる?
慰謝料請求に時効はある?
姑に対しても慰謝料請求はできる?
性格の不一致を理由に慰謝料請求できる?
慰謝料はどうやって決定するの?
慰謝料や養育費に遅延損害金は発生する?
モラハラを理由に慰謝料請求はできる?