専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?

そもそも国民年金(詳しくは「年金の仕組みって?」)というのは、受給条件さえ満たしてさえいれば死ぬまで年金をもらうことが可能となっています。

専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?

なお、国民年金から支給される年金を「老齢基礎年金」と言い、もちろん離婚していたとしても支給されますのでご安心ください。

つまり、ずっと専業主婦をしていて年金を納めた経験がなかったとしても、夫が会社員などであり、現在の最低受給条件である25年以上の年金加入期間があれば、妻も年金の基礎である老齢基礎年金を受給することが可能ということです。

老齢基礎年金の受給額

老齢基礎年金は、保険料を何ヶ月支払ったかによって決まっています。

年金の支払い義務が発生する20歳から60歳までの40年間、すべての月の保険料を支払ってきた場合、1年につき780,100円を受給することが可能となっています(平成27年4月現在)。

満額の場合以外の詳しい計算方法については、日本年金機構のサイトにてご確認ください。

老齢基礎年金の支給時期

老齢基礎年金は原則として、老齢基礎年金は65歳から支給されることになっています。

しかし、希望すれば支給時期を60歳~64歳に早めること、66歳~70歳の間で遅くすることが可能となっています。

受給を早めた場合(繰り上げ支給)は減額され、遅くした場合(繰り下げ支給)は増額されて支給され、その支給額は終身続くことになっています。こちらについては後から取り消すことができません。

また、一度繰り上げ支給を希望してしまうと、夫が死亡した場合に給付される寡婦(かふ)年金がもらえなくなるといったデメリットもあります。

よって、繰り上げ支給を利用する場合はよく検討してから行うようにしましょう。

年金加入期間は25年から10年へ

現在、老齢基礎年金を受給するためには、年金制度の加入期間が25年以上必要となっています。

しかし、この25年という期間は、時代に合わせた年金制度を実施していくため、流動的に変更されることがあります。新たな制度の導入、現在の法改正によって不利になる人が出ないように、経過措置といって、年金制度は節目ごとに変更されているのです。

こうした背景もあり、平成27年10月以降からは、老齢基礎年金を受給するための最低加入期間が10年に短縮されることになっています。

とはいえ、こちらも今後の法改正によっては変更される可能性が十分にあるため、年金制度の法改正は注目しておかなければなりません。

カテゴリー:年金分割

関連記事
離婚すると厚生年金はどうなる?
内縁関係でも年金分割できる?
年金の仕組みって?
加給年金・振替加算とは?
離婚後に内縁関係がある場合も遺族年金はもらえる?
離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?