どこからが不貞行為に該当するの?

不貞行為は、法定離婚原因にも該当するほどの行為で、夫婦にとっては非常に重大な問題です。しかし、いったいどこからが不貞行為に該当するのかよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

どこからが不貞行為?

そもそも不貞とは法律用語の1つで、一般に言われる不倫や浮気とは少し考え方が異なります。では、どこからが不貞行為に該当すると言えるのでしょうか?

プラトニックな関係であれば不貞行為とは言えない

たとえば、出会い系サイトで女性と知り合った、といった場合はどうでしょう?

価値観は人それぞれですので、人によってはこれだけで浮気と判断することもあるでしょう。しかし、不貞行為という視点でみれば、この程度では不貞行為に該当しているとは言えません。

また、出会い系サイトで女性と知り合った後、メール交換をした、一緒に食事へ行った、キスをした、といった行為があっても、まだ不貞行為には該当していません。
あくまでもプラトニックな(肉体関係がない)関係であれば、不貞行為とされることはないのです。

不貞行為と断定されるのは肉体関係があった場合

上記のような関係ならまだしも、その後、一線を越え、肉体関係にまで発展してしまった場合、こちらはまさに不貞行為があったと断定される瞬間です。

一般的な認識である浮気や不倫は、どうしても個人の価値観が伴うものとなっていますが、それを法律でやってしまうと正しい判断ができなくなってしまうため、不貞行為の基準を夫婦以外の者との肉体関係と定めているのです。

もちろん、たったの1度の肉体関係であったとしても、不貞行為があったことには違いありませんので、相手に対して離婚請求をすることが可能となります。

1度の不貞行為だけでは離婚が認められないことも

ただし、1度の不貞行為だけでは離婚が認められない可能性が強いです。
相手が離婚を受け入れるのであれば、なんら問題が生じることはありませんが、相手が離婚を受け入れず調停や裁判まで発展してしまった場合、一時的な感情だけで安易に離婚を判断すべきではないと諭されてしまうことがほとんどです。

離婚は当事者だけでなく周囲の人間にも少なからず影響を与えることになるため、裁判所は離婚には冷静な判断が必要とし、1度の不貞行為のみを離婚原因とした離婚請求は、基本的に認めないという姿勢を取っています。

どうしても離婚をしたい場合は・・・?

裁判所から離婚が認められず、いったんは婚姻関係を保ったとしても、不貞をされた側の心の傷が癒えることはありません。

そこで、どうしても離婚をしたいのであれば、「婚姻関係を継続し難い重大な事由がある」として、再度、離婚を求めることも可能となっています。

一度冷めた愛情というのは、そう簡単に元通りになることはありません。
これ以上の婚姻関係を継続できないと感じた場合は、こういった選択肢も残されていることを覚えておきましょう。

カテゴリー:不貞行為

関連記事
どんなものが不貞の証拠になる?
別居後の不貞行為は離婚原因になる?
浮気されたら浮気し返しても良い?
一度浮気を許したら後から離婚はできない?
不貞の証拠が不十分でも慰謝料請求はできる?