別居後の不貞行為は離婚原因になる?

妻と別居することになり、このまま離婚する予定だし、
「今なら浮気や不倫をしても大丈夫ではないだろうか?」

こういった疑問を持っている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

別居後の不貞行為は離婚原因になる?

確かに、別居中であれば浮気や不倫といった不貞行為に至ったとしても、相手に知られる危険性は低いです。

しかし、そもそもの別居理由によっては、別居後の不貞行為自体が離婚原因になってしまう可能性があるのです。そうなると、自身が慰謝料請求をされる側にもなりかねませんので、十分に注意する必要があります。

重要なのは夫婦関係破たんの有無

夫婦関係が完全に破たんし、別居にまでいたった場合であれば、別居後に不貞行為をしたとしても離婚原因になり得ることはありません。すでに夫婦関係が破たんしているのであれば、たとえ他の誰かと交際をしていたとしても、裁判所に不貞行為と受け取られることはないのです。

しかし、夫婦関係が完全に破たんしているとは言えない場合、こうはいきません。
たとえば、自身は完全に夫婦関係が破たんしていると思いこんでいても、それは一方的なものであり、相手はまだやり直せると考えていた場合は、夫婦関係が破たんしているとは言えません。

よって、この状況で別居時に不貞行為をしたとなれば、不貞行為が問題になるのは確実です。

不貞行為が裁判所に認められてしまうと・・・

なお、不貞行為が裁判所に認められてしまうと、自身から離婚請求をしたとしても退けられてしまうことになります。というのも、不貞行為は立派な有責行為(一方に責任がある行為)であり、裁判所は原則として、有責配偶者からの離婚請求は認めていません。

つまり、別居後、このまま離婚する予定と考えていたところ、相手はそもそも離婚をする気がなかったとなれば、自身からの離婚請求自体が認められなくなってしまうのです。

また、事情によっては不貞行為に及んでいた相手にまで慰謝料請求をされてしまう危険性があるため、たとえ別居後であっても不貞行為が完全に安全と言い切ることはできないのです。

別居前にはよく話し合いをしましょう

上記のことからも、別居前にはよく夫婦間で話し合いするようにしてください。
この別居にはどういった意味があるのかを確認し合うことが何よりも重要です。

たとえば、
「単に距離を置いてお互いの関係を見つめなおすための別居なのか?」
それとも、
「もう夫婦としてはやっていけないとお互いに認識した上での別居なのか?」
といったことです。

こちらさえ明確になっていれば、別居後の不貞行為がどういった意味を持つことになるのか、事前に確認することができます。

カテゴリー:不貞行為

関連記事
どこからが不貞行為に該当するの?
どんなものが不貞の証拠になる?
浮気されたら浮気し返しても良い?
一度浮気を許したら後から離婚はできない?
不貞の証拠が不十分でも慰謝料請求はできる?