協議離婚のメリット・デメリットは?

日本では離婚の9割が協議離婚によって成立しています。
しかし、その多くは協議離婚のメリット・デメリットについて正しく理解されないまま、離婚に至っています。このため、後にさまざまな問題が引き起こされます。

協議離婚のメリット・デメリット

協議離婚のメリット・デメリットをしっかり理解することは、離婚問題の早期解決だけでなく、離婚後に発生しうる問題を回避することにもつながるのです。

そこで今回は、協議離婚のメリット・デメリットについてご紹介します。

協議離婚のメリット

協議離婚のメリットとしては、夫婦の話し合いのみで離婚を成立させることができるため、煩わしい手続きをする必要がほとんどないという点が挙げられます。離婚届を役所に提出するだけで離婚が成立するため、離婚成立までが非常に簡易であり迅速です。

次に、費用がほとんどかからないという点です。
たとえば、調停離婚をするのであれば調停の申し立てに費用がかかってしまいますし、裁判離婚ともなれば相手に請求する金額に応じて費用がかかってしまうことになります。協議離婚では、これらの費用を負担する必要が一切ありません。

協議離婚のデメリット

協議離婚のデメリットとしては、夫婦による話し合いが基本になるとはいえ、第三者の介入がないことから冷静に話し合うことができない場合があるという点が挙げられます。

また、離婚となれば、単に離婚成立だけでなく、親権・養育費・財産分与・慰謝料といった子どもやお金の問題が関わってくるため、いったん揉めると、なかなか解決させることができなくなってしまいます。

こうした問題をすべて後回しにし、離婚だけを成立させることも可能となっていますが、それでは離婚後のトラブルを回避することはできず、より深刻な事態へと発展させてしまう危険性があるのです。

協議離婚のデメリットを回避するために

協議離婚には上記のデメリットがありますが、これを回避するにはどうすれば良いのでしょう? その方法は、第三者の介入です。第三者の中でも弁護士であれば、冷静に話し合うことができない夫婦の間に専門知識を持って介入することが可能となります。

また、弁護士であれば離婚成立以外の問題についても、後々のトラブル発展を防ぐため、離婚時にしっかりと取り決めを作ることも可能ですし、それを書面化することも可能となっています。

ただし、弁護士に依頼するのであればどうしても費用が必要になってしまいます。
協議離婚のメリットを1つ犠牲にすることになってしまいますので、どうしても夫婦だけで冷静な話し合いができない場合、または複雑な問題がある場合などにご相談することをおすすめします。

カテゴリー:協議離婚

関連記事
協議離婚の際に決めておくことは?
協議離婚の注意点は?
無断で離婚届を出すことはできる?
離婚協議書って何?
相手に一方的な離婚条件を押し付けられたら?
公正証書の作成にかかる手数料は?
離婚条件はいつまでに決めなければならない?