セックスレスを理由に離婚はできる?

いくら夫婦とはいえ、体調が良くないといった正当な理由があるのであれば、性交渉に応じなければならないといった義務はありません。

セックスレスを理由に離婚はできる?

これを無視して無理に性交渉を強要したとなれば、DVとみなされてしまうこともあるので注意しましょう。

しかし、夫婦が円満な生活を送るためにも、性交渉というのは婚姻関係にある夫婦にとって自然の営みと言えるものです。これを長い期間拒否され続けたとなれば、夫婦の信頼関係を傷つけ、離婚まで考えてしまうことがあってもおかしくはありません。

では、セックスレスというのは離婚原因になるものなのでしょうか?

セックスレスが婚姻関係を破綻させたか

セックスレスを理由に離婚請求をするのであれば、「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして離婚請求をすることになります。

ここで問題となるのが、セックスレスが根本的な原因となって、婚姻関係を破たんさせるにいたったかという点です。

そもそも夫婦の在り方として、性交渉は自然に伴うものと考えられているため、正当な理由もなく性交渉を拒否し続ける行為が婚姻関係を破たんさせるきっかけとなってもおかしくはないと言えるでしょう。

しかし、セックスレスだからといって即座に離婚が認められるわけではありません。夫婦の中には性交渉がなかったとしても円満な関係を築いている夫婦も多くいるのです。

セックスレスの証拠が必要となる

よって、セックスレスがいかに婚姻関係を破たんさせたかについては証拠が必要となります。

では、どのような証拠が有効と言えるのでしょうか?

この答えとしては、セックスレスの期間がわかるものや、相手が性交渉を軽んじているといった言動などが有効と言えるでしょう。

また、セックスレスの期間の目安としては、過去の裁判例を見るに1年程度とされていることが多いです。

また、あまり長すぎると性交渉がなくとも婚姻関係を維持できていると判断されてしまうこともあるため、長ければ良いといったものではありません。

有効となる証拠としては、性交渉を拒否されたことを示すメモや日記といったものが良いです。また、相手の言動を録音した音声データでも良いでしょう。

離婚の原則は話し合いから

上記のような証拠を集めることができたら、まずは離婚を切り出すところからはじめましょう。

いくら証拠が集まったとしても、離婚というのはいきなり裁判手続きをすることができません。離婚の原則は話し合いであるということをよく覚えておきましょう。

なお、いったん離婚の話を切り出してからだと、証拠集めが困難になってしまうこともあるため、離婚の話し合いをする前から、少しずつ証拠を集めておくようにしてください。

カテゴリー:婚姻を継続し難い重大な事由

関連記事
婚姻を継続し難い重大な事由の定義って?
性格の不一致を理由に離婚はできる?
浪費癖がひどい相手と離婚はできる?
相手からの暴力を理由に離婚はできる?
逮捕されたことが離婚理由になるのか?
宗教を強要する相手と離婚はできるか?
親の介護を拒む相手と離婚はできるか?
モラハラを理由に離婚はできるか?
相手が同性愛者だと知った場合に離婚はできるか?