離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?

すぐにでも離婚をしたいが、財産分与や慰謝料といった離婚以外の問題解決が長期化してしまいそうな場合、どのように対処すべきなのでしょうか?現実に、配偶者からの暴力や浮気などが原因となって離婚をしたい場合、少しでも早く離婚したいと考える方はたくさんいらっしゃいます。

離婚問題が長期化しそうな場合

しかし、離婚以外の問題がなかなか解決しないばかりに、離婚自体も先延ばし。いつになれば離婚ができるだろうか?と悩まされている方は、もう1度、何を重視すべきかをよく考えてみましょう。

離婚は双方の合意があれば成立する

離婚というのは、未成年の子どもの親権者だけを決めておけば、市区町村役場に離婚届を出すことによってすぐにでも成立することになっています。

ただし、一方的に離婚届を出してしまうと(詳しくは「無断で離婚届を出すことはできる?」)、後々のトラブルとなってしまうため、この方法は離婚について双方が合意しているという場合にのみ利用することが可能な方法です。

つまり、たとえ離婚条件で折り合いがつかなかったとしても、離婚だけであれば成立させることは可能というわけです。こうしたことからも離婚自体を我慢する必要性はないと言えるでしょう。

財産分与や慰謝料請求には時効がある

しかし、先に離婚だけ成立させてしまう場合は注意しなければならないことがあります。それが、財産分与や慰謝料請求は時効があるという点です。

原則、財産分与の場合は離婚成立から2年、慰謝料請求の場合は離婚成立から3年が時効期間と定められています。この期間を経過してしまうと、相手に請求することができなくなってしまいますので注意しましょう。

よって、少しでも早く離婚をしたいが、財産分与や慰謝料請求について譲歩したくはないという場合、戸籍上は夫婦のままとなってしまいますが、離婚ではなく別居を優先させるというのも1つの方法と言えるでしょう。

何を重視したいかは人それぞれ

なお、離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合であっても、取り得る方法は上記以外にも数多くあります。離婚問題には様々な解決方法が存在しているのです。

とはいえ、何を重視したいかの価値観は人それぞれ。
法的な離婚を重視したいのか、それとも、確実に財産分与や慰謝料請求をしたいのかなど、自身の価値観で決めてしまって良いものです。
自身が何を重視したいのかをもう1度よく考えてみてください。

また、現実にはその価値観に呼応するだけの解決方法もあると言えますので、自身の知識が足りないと感じたら弁護士に相談することをおすすめします。

カテゴリー:離婚全般

関連記事
離婚すると戸籍はどうなる?
離婚後に姓はいつでも変更可能?
離婚後も今の家に住み続けることは可能?
外国人の相手と離婚をするには?
子どもには離婚をどう説明すれば良い?
数年後に離婚を検討している場合の準備は?
離婚後にしなければならない公的手続きは?
離婚後に受給できる公的給付は?
再婚禁止期間ってなに?
離婚問題における内容証明郵便の効力とは?
有責配偶者からの離婚請求は可能?
騙されてした結婚・離婚も有効?
相手に会わずに離婚はできる?
双方が有責配偶者だった場合の離婚は?
離婚届の書き方は?
離婚届を提出する際の注意点は?
夫婦間の約束は取り消し可能?
戸籍から離婚歴を消すことはできる?
離婚届の証人は誰でも良い?
無断で出された離婚届が受理されてしまったら?
調停前に準備しておくことは?
別居時は住民票を移動させたほうが良いのか?
離婚すると連帯保証債務から抜けられる?
離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする?
収入証明の提出は拒否できる?
妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない?
弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは?
弁護士への無料相談をうまく利用するには?
相手から突然離婚を告げられたら?
自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない?
家庭裁判所の調査官ってどんな人?
少しでも早く離婚するためには?
相手の現住所を自分で調べることはできる?
離婚相談はどの専門家にすれば良い?