慰謝料

慰謝料とは、精神的な苦痛に対する損害賠償金のことを言います。
勘違いしている方が非常に多いのですが、離婚と慰謝料は必ずしもセットになるものではありません。相手からなにかしらの精神的苦痛を受けて、初めて慰謝料が発生することになっています。

慰謝料

なお、離婚の場合は、法律上の離婚原因として認められている不貞行為やDV(ドメスティックバイオレンス)といった暴力行為をされていた場合に請求することが可能となっています。

慰謝料請求が認められるには

相手が慰謝料について支払いを認めているのであれば、特に問題になるようなことはありませんが、相手が支払いを拒否しているのであれば、調停や裁判といった裁判所での手続きによって請求をするしかありません。

そして、裁判所を介する場合は相手から精神的苦痛を受けていたことを説明できなければなりません。調停であれば、確たる証拠がなくとも請求自体をすることは可能と言えますが、裁判となればどうしても証拠が必要となってしまうということを覚えておきましょう。

夫婦関係破たん後の不貞行為に要注意

よく慰謝料請求の原因として不貞行為が挙げられていますが、夫婦関係が破たんした後の不貞行為の場合、裁判上、慰謝料は認められないことになっています。

不貞行為とは、簡単にいえば男女間の性交渉を言い、法律上の離婚原因の1つにも数えられている違法な行為です。それにも関わらず、なぜ夫婦関係の破たんが影響してくるのでしょうか?

その理由としては、夫婦は婚姻した瞬間から協力して共同生活を送らなければならない義務が課せられることになります。しかし、夫婦関係が回復困難なほど破たんしたとなれば、離婚は双方の協力義務違反によるものと判断されます。

よって、夫婦関係の破たん後に夫婦の一方が不貞行為に及んだとしても、もともとは双方の協力義務違反にあるという解釈をされてしまうのです。

慰謝料請求は弁護士に相談を

なお、相手が慰謝料の支払いを認めないのであれば、法的手段にて請求を試みる他ありません。その際は、どうしても法律上、有効な証拠が必要となってしまいます。また、慰謝料請求は夫婦関係の状態によっては請求が困難となってしまうこともあります。

しかし、夫婦関係というのは主観的ではなく、あくまでも客観的かつ法的視点から判断されていなければなりません。

弁護士に相談

そこで、慰謝料請求については弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士であれば、証拠作りにも長けていますし、慰謝料請求が可能な状態なのか?といったことまで法的視点から判断することが可能となっています。
慰謝料はどうしても主観が入りがちとなってしまうため、確実に請求を認めてもらうためにも、専門家目線で見てもらうというのは非常に重要です。

よくある相談

離婚せずに慰謝料請求できる?
子どもから浮気相手に慰謝料請求はできる?
慰謝料や財産分与に贈与税はかかる?
慰謝料請求に時効はある?
浮気相手からも慰謝料は取れる?
姑に対しても慰謝料請求はできる?
性格の不一致を理由に慰謝料請求できる?
慰謝料はどうやって決定するの?
慰謝料や養育費に遅延損害金は発生する?
モラハラを理由に慰謝料請求はできる?